どれも綺麗ではなかった。ただ、どれもこれも吸い込まれるように儚かった。法悦の時は一瞬で陰惨は永きに渡り、汝が歔欷する事さえかの者は赦してはくれない。須らく融けてしまえという強烈であり熱烈な偏愛は、汝の苦衷を模したように思えた。叶わないと知った汝の慟哭により流した紅涙は、功罪相半ばする言動を招く。均衡の取れなくなったその身と、切り落とした腕を捧げ情慾を煽る術しか、稚き汝は知らなかった。爾今に待つ素晴らしき日々に目もくれず、それが不実の事柄であると知らず、盲信する目に周囲は笑止、当人は至上の悦びを覚えていた。かくして、齢十六の女子は残喘を保つ日々を送った。
絵空事の畢生
? attention title bkm // The grudge ヒント
zankyo / larara / xxx / Tokyo